骨や筋肉のための運動

骨や筋肉のための運動

運動によりぐっすり休むことが背を伸ばす方法につながりますが、ここでちょっと背が伸びる方法の前に筋肉を鍛える方法について考えて見ましょう。

30歳代以上の方の中で長い時間たっていると大変疲れてしまうと言う方がおられると思います。

それは、体を支える背中の筋肉(背筋)やおなかを支える筋肉(腹筋)が衰えているからと考えられます。

そんな方にオススメなのが、膝を曲げておこなう腹筋運動や、うつぶせになって軽く背中をあげる背筋運動です。

1日10分間するだけで1ヶ月もすれば、しっかりと体力が付いてくるのが実感できるでしょう。

そうなのです。

筋肉は、使わないと発達しません。

背が伸びる方法の鍵となる骨を伸ばして行くにも、骨を使わないといけません。

骨を使うとは聞き慣れない言葉ですが、骨に刺激を与えることです。

スポーツ選手の中で、バスケットボールやバレーボールの選手には背の高い方が多いですね。

ジャンプという骨に刺激を与える運動を日常的にすることにより、その方達は、骨がしっかりと成長したと考えられます。

まさに、背が伸びる方法を実践されたわけですね。

各ご家庭でも、ジャンプをする運動、たとえば縄跳びなどをするのもいいかもしれません。

食事に好き嫌いがあると言うことは

背が伸びる方法ではなくて、身長が伸びなくなることの原因として、食事があります。

そう、「食べず嫌い」「好き嫌い」のことです。

家族の方が、家族の健康のことを一生懸命に考えて毎日作っていただいている、朝食・昼食・夕食のことです。

日常、そうなのです。

毎日毎日のことで1年365日のことなのです。

嫌いなものがあるからとそれを食べずにいますと、1年間でその摂取量は食べた人と比べて本当に大きな差が出てきます。

一つの例で、ほうれん草を取り上げましょう。

(背が伸びる方法として栄養がありますが、詳しくは後で述べることにします。

)ほうれん草には、マグネシウムが含まれています。

このマグネシウムは、カルシウムとのバランスで大変重要なミネラルです。

背が伸びる方法を調べる

ある子どもが、ほうれん草が嫌いだからと言って小さい頃から全く食べなかったとします。

マグネシウムを含む食品は他にもたくさんありますが、その子どもは、他の人が、ほうれん草から取り入れているマグネシウムの分を全く体に取り入れていないことになります。

こういう風に考えると「好き嫌い」は、本当に背が伸びる方法からかけ離れたことをしていると考えられますね。

Comments are closed.